和本江戸慶応元年写本「野山日記」1冊/吉田松陰/刀機与志/長州藩/枕流亭/古書古文書です。


75丁。中本程度。手書き。


枕流亭の用紙に書かれている。薩長の木戸孝允、西郷隆盛、大久保利通らがの階上で幕府討伐の結成を誓った隠居安部(安部半助)の枕流亭のことか。「芳洲庵蔵書」の印も押されている。


イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10


『データ』

【書名】 野山日記

【巻冊】 1冊

【著者】 吉田松陰(刀機与志という人物が写したもの)

【成立】 慶応元年写