和本明治2年(1869)三業惑乱の大紛争写本「廓亮御問尋記」1冊/仏教/浄土真宗/大瀛/古書古文書/手書きです。

53丁。22.5cm×14cm。手書き。

大瀛は、江戸時代後期の浄土真宗本願寺派の僧侶。名は廓亮。真実院大瀛和上。号は芿園、天城、金剛庵、瑞華など。在野の学僧として当時の西本願寺の教学であった三業安心説を批判し、三業惑乱の大紛争のきっかけを作る。

j24c-025
j24c-026
j24c-027
j24c-028
j24c-029
j24c-030
j24c-031
j24c-032
j24c-033
j24c-034


【書名】 廓亮御問尋記
【巻冊】 1冊
【成立】 明治2年(1869)