北さん堂雑記パート2

江戸の本屋北さん堂のブログです。 ホームページ http://the-man.info/

カテゴリ: 古文書

和本明治元年(1868)伊達騒動写本「寛濶伊達鏡」5冊揃い/仙台藩/御家騒動/古書古文書/手書きです。

43、35、39、31、34丁。24cm×16.5cm。手書き。

m24c-084
m24c-085
m24c-086
m24c-088
m24c-089
m24c-087
m24c-090
m24c-091


【書名】 寛濶伊達鏡
【巻冊】 5冊揃い
【成立】 明治元年(1868)写

和本江戸期仏教写本「一向専修之七箇条問答」1冊/古書古文書/手書きです。

17丁。22.5cm×17cm。手書き。

m24c-066
m24c-067
m24c-068
m24c-069
m24c-070
m24c-071
m24c-072
m24c-073


【書名】 一向専修之七箇条問答
【巻冊】 1冊
【成立】 享保の記載がある

和本江戸期関ヶ原の戦い写本「関原正譌/附録三方原戦誌」全1冊/古書古文書/手書き/新井白石/上毛桐生街長澤仁右衛門の蔵書印です。

38丁。22.5cm×16.5cm。手書き。

l24c-103
l24c-104
l24c-105
l24c-106
l24c-107
l24c-108
l24c-109
l24c-110
l24c-111


【書名】 関原正譌/附録三方原戦誌
【巻冊】 全1冊
【著者】 上毛桐生街長澤仁右衛門の蔵書印がある
【成立】 江戸期の写本だと思いますが、正確な年代は不明

和本江戸期武家の女性伝記「玉轡記」1冊/古書古文書/手書き/武州足立郡中仙道上尾宿です。

38丁。23cm×16.5cm。手書き。

l24c-094
l24c-095
l24c-096
l24c-097
l24c-098
l24c-099
l24c-100
l24c-101
l24c-102


【書名】 玉轡記
【巻冊】 巻1と2が1冊になっています
【著者】 武州足立郡中仙道上尾宿の記載がある
【成立】 江戸期の写本だと思いますが、正確な年代は不明。

和本明治2年(1869)三業惑乱の大紛争写本「廓亮御問尋記」1冊/仏教/浄土真宗/大瀛/古書古文書/手書きです。

53丁。22.5cm×14cm。手書き。

大瀛は、江戸時代後期の浄土真宗本願寺派の僧侶。名は廓亮。真実院大瀛和上。号は芿園、天城、金剛庵、瑞華など。在野の学僧として当時の西本願寺の教学であった三業安心説を批判し、三業惑乱の大紛争のきっかけを作る。

j24c-025
j24c-026
j24c-027
j24c-028
j24c-029
j24c-030
j24c-031
j24c-032
j24c-033
j24c-034


【書名】 廓亮御問尋記
【巻冊】 1冊
【成立】 明治2年(1869)

和本江戸享保11年(1726)跋儒学儒教写本「天命或問」全1冊/伊藤東涯/古書古文書/手書きです。

18丁。23cm×16cm。手書き。

i24a-107
i24a-108
i24a-109
i24a-110
i24a-112
i24a-113
i24a-111
i24a-114
i24a-115


【書名】 天命或問
【巻冊】 全1冊
【著者】 伊藤東涯
【成立】 享保11年(1726)跋

和本江戸期俳句俳諧写本「秋のつれづれ」1冊/高桑闌更ほか/古書古文書/手書きです。

82丁。18.5cm×11.5cm。手書き。

h24c-071
h24c-072
h24c-073
h24c-074
h24c-075
h24c-076
h24c-077
h24c-078


【書名】 秋のつれづれ
【巻冊】 1冊
【著者】 高桑闌更ほか
【成立】 江戸期の写本だと思いますが、正確な年代は不明。

和本明治期ぐらい化学写本「舎密集成開物全書」1冊/西洋科学/古書古文書/手書きです。

10+5+89丁。23cm×17cm。手書き。

g24c-047
g24c-048
g24c-049
g24c-050
g24c-051
g24c-052
g24c-053
g24c-054


【書名】 舎密集成開物全書
【巻冊】 巻1、1冊です
【成立】 明治期ぐらい

和本江戸期実録写本「武蔵野千秋草花」5冊/古書古文書/手書きです。

52、55、56、50、55丁。26cm×16cm。

信州佐久郡で写されたもの

f24c-081
f24c-082
f24c-083
f24c-084
f24c-085
f24c-086
f24c-087
f24c-088
f24c-089


【書名】 武蔵野千秋草花
【巻冊】 5冊
【成立】 江戸期の写本だと思いますが、正確な年代は不明。

和本江戸期馬術写本「大坪本流十字録」1冊/絵入古書古文書/手書きです。

26丁。24cm×16.5cm。手書き。

f24c-071
f24c-072
f24c-073
f24c-074
f24c-075
f24c-077
f24c-076
f24c-078
f24c-079
f24c-080


【書名】 大坪本流十字録
【巻冊】 1冊
【成立】 江戸期の写本だと思いますが、正確な年代は不明。

和本江戸文政3年(1820)武鑑写本「御大名方御師附鑑」1冊/古書古文書/手書きです。

29丁。25cm×17cm。手書き。

f24c-035
f24c-036
f24c-037
f24c-038
f24c-039
f24c-040
f24c-041
f24c-042
f24c-043
f24c-044


【書名】 御大名方御師附鑑
【巻冊】 1冊
【成立】 文政3年(1820)写

元禄宝永頃大名古文書「本多正永/小笠原長重連名岩城采女(岩城秀隆)宛書状」1点/岩槻藩/沼田藩/亀田藩です。

40.5cm×56cm。手書き。

本多正永は上野沼田藩の初代藩主。小笠原長重は武蔵岩槻藩初代藩主。岩城秀隆は出羽国亀田藩4代藩主。

e23a-086
e23a-087
e23a-088
e23a-089


【書名】 本多正永/小笠原長重連名岩城采女(岩城秀隆)宛書状
【巻冊】 1点
【著者】 本多正永/小笠原長重連名
【成立】 元禄宝永頃

和本江戸期実録写本「殺法転輪」3冊揃い/古書古文書/手書き/敵討ちです。

36、25、27丁。27cm×18cm。手書き。

d23c-095
d23c-096
d23c-097
d23c-098
d23c-099
d23c-100
d23c-101
d23c-102


【書名】 殺法転輪
【巻冊】 3冊揃い
【成立】 江戸期の写本だと思いますが、正確な年代は不明。

和本江戸宝暦3年(1753)寛永白岩一揆写本「白岩御目安状」1冊/出羽国村山郡白岩郷/古書古文書/手書きです。

14丁。28cm×18.5cm。手書き。

d23c-048
d23c-049
d23c-050
d23c-051
d23c-052
d23c-053
d23c-054
d23c-055
d23c-056
d23c-057


【書名】 白岩御目安状
【巻冊】 1冊
【著者】 陸奥国大沼郡湯八木沢村(福島県)で写されたもの
【成立】 宝暦3年(1753)

和本江戸寛政5年(1793)御朱印帳「御旧跡二十四輩順拝帳」1冊/親鸞/古書古文書/手書きほかです。

93丁。24cm×17cm。手書きほか。

d23c-029
d23c-030
d23c-031
d23c-032
d23c-033
d23c-034
d23c-035
d23c-036
d23c-037
d23c-038


【書名】 御旧跡二十四輩順拝帳
【巻冊】 1冊
【著者】 美濃国羽栗郡笠田村六右衛門(岐阜県各務原市)
【成立】 寛政5年(1793)

↑このページのトップヘ