北さん堂雑記パート2

江戸の本屋北さん堂のブログです。 ホームページ http://the-man.info/

タグ:儒教

和本江戸享保10年(1725)儒学儒教「童子習」全1冊/浅見文次郎訓点/古書古文書/木版摺りです。

2+42丁。25.5cm×18cm。木版刷り。元題簽。奥付あり。

g24a-126
g24a-127
g24a-128
g24a-129
g24a-130
g24a-131
g24a-132
g24a-133
g24a-134


【書名】 童子習
【巻冊】 全1冊
【著者】 浅見文次郎訓点
【成立】 享保10年(1725)

和本江戸文政3年(1820)序儒学儒教「荀子増注」10冊揃い/久保筑水/古書古文書/木版摺り/儒家思想です。

4+3+4+3+20+22、29+22、22+21、24+17、13+21、24+22、26+8、18+19、19+18、27+33+2丁。25cm×18cm。木版刷り。元題簽。見返しあり。

1冊目の本の大きさがやや小さい。入れ本のようです。

d23a-127
d23a-128
d23a-129
d23a-130
d23a-131
d23a-132
d23a-133
d23a-134
d23a-135


【書名】 荀子増注
【巻冊】 10冊揃い
【著者】 久保筑水  増注
【成立】 文政3年(1820)序

和本江戸期儒学儒教「論語徴」10冊揃い/荻生徂徠/古書古文書/木版摺り/儒家思想です。

45、48、42、46、48、29、31、27、28、17丁。27cm×18cm。木版刷り。

p23a-096
p23a-097
p23a-098
p23a-099
p23a-100
p23a-101
p23a-102


『データ』
【書名】 論語徴
【巻冊】 10冊揃い
【著者】 荻生徂徠
【成立】 江戸期

和本江戸慶応3年(1867)儒学儒教「五経(易経/書経/詩経/礼記/春秋)」11冊揃い/富山藩の藩校広徳館版/古書古文書/木版摺りです。

2+23、48、3+32、51、4+62、4+53、83、2+65、82、73、71丁。大本。木版刷り。元題簽。見返しあり。奥付あり。

j22a-107
j22a-108
j22a-109
j22a-111
j22a-112
j22a-110
j22a-113
j22a-114


『データ』
【書名】 五経(易経/書経/詩経/礼記/春秋)
【巻冊】 11冊揃
【著者】 富山藩の藩校広徳館版
【成立】 慶応3年(1867)

和本江戸文政13年(1830)儒学儒教「待問録」全1冊/東条一堂/古書古文書/木版摺りです。 

2+19丁。中本。木版刷り。題簽傷みあり。見返しあり。

p22a-053
p22a-054
p22a-055
p22a-056
p22a-057
p22a-058
p22a-059
p22a-060


『データ』
【書名】 待問録
【巻冊】 全1冊
【著者】 東条一堂(江戸時代後期の儒者。安永7年11月7日生まれ。京都で皆川淇園に師事。陸奥弘前藩儒をへて江戸で塾をひらき,古注学をおしえる。海防論にも通じ,老中阿部正弘の相談役となった。安政4年7月13日死去。80歳。上総出身。本姓は逸見。名は弘。字は子毅。通称は文蔵。著作に「学範」など。) 述   坂口光 /森田孚 編
【成立】 文政13年(1830)

和本江戸寛政元年(1789)儒学儒教「標箋孔子家語」5冊揃い/太宰春台/千葉芸閣/儒家思想/古書古文書/木版摺りです。

2+4+3+1+1+4+30+25、24+24、32+20、24+21、37+34+2+5丁。大本。木版刷り。元題簽。見返しあり。奥付あり。

l22a-144
l22a-145
l22a-146
l22a-147
l22a-148
l22a-150
l22a-151
l22a-152
l22a-153
l22a-154
l22a-155


『データ』
【書名】 標箋孔子家語
【巻冊】 5冊揃
【著者】 太宰春台 増注   千葉芸閣 標箋
【成立】 寛政元年(1789)

和本江戸弘化元年(1844)儒学者伝記「先哲像伝」全4冊揃/原得斎/絵入古書古文書/木版摺りです。

2+32、25、26、27丁。大本。木版刷り。元題簽。見返しあり。奥付あり(刊年の記載なし)。

c21a-133
c21a-134
c21a-135
c21a-136
c21a-138
c21a-139
c21a-140
c21a-141
c21a-142
c21a-143
c21a-144
c21a-145
c21a-146



『データ』
【書名】 先哲像伝
【巻冊】 全4冊揃
【著者】 原義胤(原得斎。江戸時代後期の儒者。寛政12年生まれ。志賀理斎の子。原念斎の養子となり,幕府につかえた。明治3年10月18日死去。71歳。名は義胤。字は正道。通称は正之進。別号に徳斎。著作に「先哲像伝」「徳斎日新録」「武総地名箋」など。) 
【成立】 弘化元年(1844)

和本江戸明和8年(1771)儒学儒教「古訓合刻四書(孝経/学記/大学/中庸)」全1冊/片山兼山訓点/山子学/古書古文書/木版摺りです。 

2+8+6+8+15丁。大本。木版刷り。元題簽。見返しあり。奥付あり。

x21a-055
x21a-056
x21a-057
x21a-058
x21a-059
x21a-060
x21a-061


『データ』
【書名】 古訓合刻四書(孝経/学記/大学/中庸)
【巻冊】 全1冊
【著者】 片山兼山訓点
【成立】 明和8年(1771)

和本江戸安永9年(1780)跋儒学儒教「孟子正文」上中下3冊揃/片山兼山国読/山子学/儒家思想/古書古文書/木版摺りです。

4+19+18、18+20+18、20+21+1丁。大本。木版刷り。元題簽。見返しあり。奥付あり(刊年の記載なし)。


x21a-038
x21a-039
x21a-040
x21a-041
x21a-042
x21a-043
x21a-044
x21a-045
x21a-046


『データ』
【書名】 孟子正文
【巻冊】 上中下3冊揃
【著者】 片山兼山国読
【成立】 安永9年(1780)跋

和本江戸寛文9年(1669)儒学儒教和刻本「詩経説約」14冊揃い/顧夢麟/古書古文書/木版摺り/儒家思想です。

9+3+5+36+29、51+27、26+46、31+45、36+42、47+34、36+48、49+46、27+35、44+35、33+37、35+38、35+30、29+31丁。大本。木版刷り。題簽傷み欠損あり。見返しあり。

u21a-133
u21a-134
u21a-135
u21a-137
u21a-138
u21a-139
u21a-140
u21a-141
u21a-142
u21a-143
u21a-144


『データ』
【書名】 詩経説約
【巻冊】 14冊揃
【著者】 顧夢麟
【成立】 寛文9年(1669)

和本江戸前期寛永9年(1632)儒学儒教朱子学「北渓先生性理字義」上下合1冊揃/古書古文書/木版摺りです。

2+89丁。大本。木版刷り。表紙換え。

j21a-122
j21a-123
j21a-124
j21a-125
j21a-126
j21a-127
j21a-128
j21a-129
j21a-130
j21a-131


『データ』
【書名】 北渓先生性理字義
【巻冊】 上下合1冊揃
【成立】 寛永9年(1632)

和本江戸寛政7年(1795)中国古典和刻本「小学句読」4冊揃い/古書古文書/木版摺りです。

2+5+8+27、11+17、36、35丁。大本。木版刷り。元題簽。奥付あり。

g21a-119
g21a-120
g21a-121
g21a-122
g21a-123
g21a-124
g21a-125
g21a-126
g21a-127


『データ』
【書名】 小学句読
【巻冊】 4冊揃
【成立】 寛政7年(1795)

和本江戸寛保元年(1741)儒学儒教「孔子家語」5冊揃い/王粛/岡白駒/古書古文書/木版摺りです。

4+27+20、20+21、26+19、22+19、31+24+4丁。大本。木版刷り。元題簽4冊残存。見返しあり。

w21a-055
w21a-056
w21a-057
w21a-058
w21a-059
w21a-060
w21a-061
w21a-062


『データ』
【書名】 孔子家語
【巻冊】 5冊揃
【著者】 王粛 註   岡白駒 補註
【成立】 寛保元年(1741)

和本江戸寛政3年(1791)跋儒学朱子学「滑川談」全1冊/冢田大峯/古書古文書/木版摺りです。

49丁。大本。木版刷り。題簽ほとんど欠。見返しあり。

o21a-057
o21a-058
o21a-059
o21a-060
o21a-061
o21a-062
o21a-063


『データ』
【書名】 滑川談
【巻冊】 全1冊
【著者】 冢田虎(冢田大峯。江戸時代後期の朱子学派の儒学者。名は虎,通称は多門,字は叔貔。 16歳で江戸に出,苦学力行した。 25歳のとき塾を開き,のち尾張藩主徳川宗睦の侍講となった。寛政異学の禁に反対し,亀田鵬斎らとともに五鬼と称された。四書五経をはじめ,多くの古典の校注書を著わした。) 
【成立】 寛政3年(1791)跋

和本明治2年(1869)甲斐/古屋蜂城儒学儒教「四書字引捷径」全1冊/古書古文書/木版摺りです

5+81+2丁。中本。木版刷り。元題簽。見返しあり。奥付あり。


i21b-120
i21b-121
i21b-122
i21b-123
i21b-124
i21b-125
i21b-126
i21b-127


『データ』
【書名】 四書字引捷径
【巻冊】 全1冊
【著者】 甲斐 古屋蜂城(江戸時代中期-後期の漢学者,書家。明和2年生まれ。古屋真章の養子。加賀美光章にまなび,寛政元年蜂城塾をひらいた。書は陸奥会津藩(福島県)藩士糟谷幸造にまなんだ。嘉永5年8月16日死去。88歳。甲斐(山梨県)出身。本姓は志村。名は希真。字は修之。通称は専蔵。著作に「四書字引捷径」など。)
【成立】 明治2年(1869)

↑このページのトップヘ