北さん堂雑記パート2

江戸の本屋北さん堂のブログです。 ホームページ http://the-man.info/

タグ:医学

和本江戸文化8年(1811)医学薬学「施本救民薬方録」全1冊/奥州須賀川/阿部正興/古書古文書/木版摺りです。

10丁。22cm×16cm。木版刷り。元題簽。

t24a-098
t24a-099
t24a-100
t24a-101
t24a-102
t24a-103
t24a-104
t24a-105
t24a-106


【書名】 施本救民薬方録
【巻冊】 全1冊
【著者】 阿部正興
【成立】 文化8年(1811)

和本江戸天保3年(1832)馬嶋流眼科写本「尾州大智房眼科書」1冊/古書古文書/手書きです。

20丁。24.5cm×17cm。手書き。

n24c-066
n24c-067
n24c-068
n24c-069
n24c-070
n24c-071
n24c-072
n24c-073
n24c-074
n24c-075


【書名】 尾州大智房眼科書
【巻冊】 1冊
【著者】 明眼院で写したようです
【成立】 天保3年(1832)

和本江戸天保3年(1832)眼科医学写本「目眼療治秘書」1冊/津軽進藤良策/古書古文書/手書きです。

30丁。25cm×17cm。手書き。

n24c-057
n24c-058
n24c-059
n24c-060
n24c-061
n24c-062
n24c-063
n24c-064
n24c-065


【書名】 目眼療治秘書
【巻冊】 1冊
【著者】 津軽 進藤良策
【成立】 天保3年(1832)

和本江戸宝永元年(1704)東洋医学漢方「傷寒論後條辨直解」8冊揃い/程應旄/古書古文書/木版摺りです。

8+5+5+3+5+52、30+49、45+13+22、80、41+40、13+39+7、28+32+10+21、47+20+9+3丁。25cm×17cm。木版刷り。題簽ほとんど欠。見返しあり。

f24a-059
f24a-061
f24a-062
f24a-060
f24a-063
f24a-064
f24a-065
f24a-066
f24a-067


【書名】 傷寒論後條辨直解
【巻冊】 8冊揃い
【著者】 程應旄
【成立】 宝永元年(1704)

和本明治10年(1877)西洋医学薬学「新纂薬物学」附録共7冊揃い/樫村清徳/古書古文書/木版摺りです。

2+4+4+54、3+38、2+35、4+60、2+54、4+39、45+2丁。22.5cm×15cm。木版刷り。元題簽。見返しあり。奥付あり。

z23b-074
z23b-075
z23b-076
z23b-077
z23b-078
z23b-079
z23b-080
z23b-081
z23b-082


【書名】 新纂薬物学
【巻冊】 附録共7冊揃い
【著者】 樫村清徳 纂輯
【成立】 明治10年(1877)

和本江戸文政6年(1823)医学随筆「蕉窓雑話」初編1冊/和田東郭/古書古文書/木版摺りです。

3+4+41+2丁。26cm×18cm。木版刷り。元題簽。奥付あり。

z23a-087
z23a-088
z23a-089
z23a-090
z23a-091
z23a-092
z23a-093
z23a-094
z23a-095
z23a-096


【書名】 蕉窓雑話
【巻冊】 初編1冊です
【著者】 和田東郭
【成立】 文政6年(1823)

和本江戸期中国医学書和刻本「小児直訣」上中下3冊揃い/銭仲陽/熊本藩医の佐藤見民の蔵書/古書古文書/木版摺りです。

39、29、39丁。大本。木版刷り。元題簽ほとんど欠。シミ、虫食いあり。状態はあまり良くない。

熊本藩医の佐藤見民の蔵書のようです

t23a-094
t23a-095
t23a-096
t23a-097
t23a-098
t23a-099
t23a-100
t23a-101
t23a-102
t23a-103


【書名】 小児直訣
【巻冊】 上中下3冊揃い
【著者】 銭仲陽
【成立】 江戸期

和本江戸期民間療法「妙薬博物筌」7冊揃い/藤井見隆/古書古文書/木版摺り/医学/薬学です。

1+54、54、30、40、56、81、44丁。22.5cm×15.5cm。木版刷り。

j23a-096
j23a-098
j23a-099
j23a-097
j23a-100
j23a-101
j23a-102
j23a-103
j23a-104


『データ』
【書名】 妙薬博物筌
【巻冊】 7冊揃い
【著者】 藤井見隆
【成立】 江戸期

和本明治34年(1901)「医聖永田徳本翁伝」全1冊/小松帯刀/古書/活版です。

20+6丁。23cm×15.5cm。活版。元題簽。奥付あり。

i23b-061
i23b-062
i23b-063
i23b-064
i23b-065
i23b-066
i23b-067
i23b-068
i23b-069


『データ』
【書名】 医聖永田徳本翁伝
【巻冊】 全1冊
【著者】 小松帯刀
【成立】 明治34年(1901)

和本江戸天明8年序(1788)梅毒医学書「黴瘡口訣」全1冊/永富独嘯庵/古書古文書/木版摺りです。

1+13丁。25.5cm×18cm。木版刷り。元題簽。

g23a-108
g23a-109
g23a-110
g23a-111
g23a-112
g23a-113
g23a-114
g23a-115
g23a-116


『データ』
【書名】 黴瘡口訣
【巻冊】 全1冊
【著者】 永富独嘯庵(江戸時代中期の医師。享保17年2月14日生まれ。長門(山口県)の人。永富友庵の養子となる。京都で山脇東洋に,越前(福井県)で奥村良竹に,長崎で吉雄耕牛にまなび,大坂で開業。また製糖法を世にひろめた。明和3年3月5日死去。35歳。本姓は勝原。名は鳳。字は朝陽。通称は昌安,鳳介。著作に「嚢語」「吐方考」など。)
【成立】 天明8年序(1788)

和本幕末期ぐらい医学民間療法「いろは引妙薬集」上下合1冊/吉井版次板/古書古文書/木版摺りです。

4丁。15.5cm×10.5cm。木版刷り。

IMGP0126
IMGP0127
IMGP0128
IMGP0129
IMGP0130
IMGP0131


『データ』
【書名】 いろは引妙薬集
【巻冊】 上下合1冊
【著者】 吉井版次板
【成立】 幕末期ぐらい

和本明治4年(1871)序医学薬「世つぎ草」全1冊/久米川現雄/絵入古書古文書/木版摺り/産科/小児科です。

8丁。15.5cm×12.5cm。木版刷り。

w22a-104
w22a-097
w22a-106
w22a-107
w22a-108
w22a-109
w22a-110
w22a-111
w22a-112


『データ』
【書名】 世つぎ草
【巻冊】 全1冊
【著者】 久米川現雄
【成立】 明治4年(1871)序

和本江戸寛政9年(1797)中国医学「傷寒論類方」全1冊/徐大椿/漢方薬/古書古文書/木版摺りです。

3+2+5+80丁。半紙本。木版刷り。見返しあり。奥付あり。

o22a-063
o22a-064
o22a-065
o22a-066
o22a-067
o22a-068
o22a-069
o22a-070
o22a-071
o22a-072


『データ』
【書名】 傷寒論類方
【巻冊】 全1冊
【著者】 徐大椿 編釈    曦鼎和 校
【成立】 寛政9年(1797)

和本江戸宝暦9年(1759)跋東洋医学「医断」全1冊/鶴田元逸/吉益東洞の門人/古書古文書/木版摺りです。

4+19+3丁。大本。木版刷り。

吉益東洞の医説を門人の鶴田元逸が記録し、刊行したもの。

n22a-144
n22a-145
n22a-146
n22a-147
n22a-148
n22a-149
n22a-150
n22a-151
n22a-152
n22a-153
n22a-154


『データ』
【書名】 医断
【巻冊】 全1冊
【著者】 鶴田元逸
【成立】 宝暦9年(1759)跋

和本江戸期東洋医学写本「金匱方論存疑」1冊/勝沢愿/古書古文書/手書きです。

60丁。半紙本程度。手書き。

l22c-020
l22c-021
l22c-022
l22c-023
l22c-024
l22c-025
l22c-026
l22c-027
l22c-028
l22c-029


『データ』
【書名】 金匱方論存疑
【巻冊】 1冊
【著者】 勝沢愿
【成立】 江戸期の写本だと思いますが、正確な年代は不明。

↑このページのトップヘ