北さん堂雑記パート2

江戸の本屋北さん堂のブログです。 ホームページ http://the-man.info/

タグ:antiquebooks

和本江戸安永4年(1775)賀川流産科医学「産論翼」乾坤2冊揃い/賀川玄迪/絵入古書古文書/木版摺りです。

4+2+2+33、1+18+11+2丁。25.5cm×17.5cm。手書き。

d24a-093
d24a-094
d24a-095
d24a-096
d24a-097
d24a-098
d24a-099
d24a-100
d24a-101
d24a-102


【書名】 産論翼
【巻冊】 乾坤2冊揃い
【著者】 賀川玄迪(江戸中期の産科医。秋田の人。玄悦に学び、その娘と結婚して義父の跡を継ぎ、賀川流産科の基礎を確立した。著「産論翼」など。元文四~安永八年)
【成立】 安永4年(1775)

和本江戸期仙石騒動写本「出石騒動記」5冊揃い/出石藩/お家騒動/古書古文書/手書きです。

52、60、45、67、74丁。22.5cm×16.5cm。手書き。

c24c-085
c24c-086
c24c-087
c24c-088
c24c-089
c24c-090
c24c-091
c24c-092


【書名】 出石騒動記(千鳥香炉仙石噺)
【巻冊】 巻1~3で1冊、巻4~6で1冊、巻7~9で1冊、巻10~12で1冊、巻13~16で1冊の5冊揃い
【成立】 江戸期の写本だと思いますが、正確な年代は不明。

和本江戸元禄13年(1700)序「本朝武家評林大系図」5冊揃い/遠藤元閑/古書古文書/木版摺りです。

42、34、27、27、21丁。26cm×18cm。木版刷り。

a24a-093
a24a-092
a24a-094
a24a-095
a24a-096
a24a-097
a24a-098
a24a-099
a24a-100
a24a-101


【書名】 本朝武家評林大系図
【巻冊】 5冊揃い
【著者】 遠藤元閑
【成立】 元禄13年(1700)序

和本江戸嘉永4年(1851)跋赤穂浪士忠臣蔵「赤穂四十七士伝」上下2冊揃い/水戸佩弦斎蔵版/青山延光/古書古文書/木版摺りです。

2冊で51丁。25.5cm×17.5cm。木版刷り。見返しあり。奥付あり(刊年の記載なし)。

a24a-082
a24a-083
a24a-084
a24a-085
a24a-086
a24a-087
a24a-088
a24a-089
a24a-090
a24a-091


【書名】 赤穂四十七士伝
【巻冊】 上下2冊揃い
【著者】 青山延光
【成立】 嘉永4年(1851)跋

和本江戸宝暦12年(1762)随筆「南留別志」5冊揃い/荻生徂徠/古書古文書/木版摺りです。

35、35、26、25、23+12+3丁。27.5cm×18cm。木版刷り。元題簽。見返しあり。奥付あり。

四〇〇余の事物の名称について語源・転訛・漢字の訓などを記したもの。

z24a-134
z24a-135
z24a-136
z24a-138
z24a-137
z24a-139
z24a-140
z24a-141
z24a-142


【書名】 南留別志
【巻冊】 5冊揃い
【著者】 荻生徂徠
【成立】 宝暦12年(1762)

和本江戸元禄7年(1694)「訓蒙故事要言」10冊揃い/宮川道達/古書古文書/木版摺りです。

5+3+23、3+27、2+21、2+25、1+27+1+10、1+12+1+10、2+25、2+27、2+35、2+18丁。26.5cm×19cm。木版刷り。

y24a-086
y24a-087
y24a-088
y24a-089
y24a-090
y24a-091
y24a-092
y24a-093


【書名】 訓蒙故事要言
【巻冊】 10冊揃い
【著者】 宮川道達(江戸時代前期の国学者。中世からの諸家の紀行文をあつめ「詞林意行集」を刊行。ほかに俳諧辞書「眠寤集」,詩学入門書「和語円機活法」などの編著がある。元禄14年8月5日死去。号は一翠子,三養軒。)
【成立】 元禄7年(1694)

和本明治9年(1876)西洋科学「上等小学啓蒙知恵の環」上中下3冊揃い/瓜生寅/古書古文書/木版摺りです。

33、37、45丁。18cm×12cm。木版刷り。元題簽。見返しあり。奥付あり。

v24b-020
v24b-021
v24b-022
v24b-023
v24b-024
v24b-025
v24b-026


【書名】 上等小学啓蒙知恵の環
【巻冊】 上中下3冊揃い
【著者】 瓜生寅
【成立】 明治9年(1876)

和本江戸嘉永3年(1850)実録写本「伊賀之水月(伊賀水月柳荒美談)」5冊揃い/陸奥国大沼郡永井野村(福島県)/古書古文書/手書きです。

54、57、49、53、58丁。28cm×18.5cm。手書き。

u24c-071
u24c-072
u24c-073
u24c-075
u24c-076
u24c-074
u24c-077
u24c-078
u24c-079


【書名】 伊賀之水月(伊賀水月柳荒美談)
【巻冊】 5冊揃い
【著者】 陸奥国大沼郡永井野村(福島県)で写されたもの
【成立】 嘉永3年(1850)

和本江戸文政13年(1830)跋儒学儒教「荀子箋釈」8冊揃い/朝川善庵/平戸維新館蔵/井上桜塘の旧蔵書/古書古文書/木版摺りです。

3+8+1+1+5+16+18、22+17+16、17+19、11+11+17、19+18、20+5+14、15+15+14、21+28+5丁。26cm×18cm。木版刷り。元題簽。見返しあり。奥付あり(刊年の記載なし)。

井上桜塘の旧蔵書。

u24a-125
u24a-126
u24a-127
u24a-129
u24a-128
u24a-130
u24a-131
u24a-132
u24a-133


【書名】 荀子箋釈
【巻冊】 8冊揃い
【著者】 朝川善庵(江戸時代後期の儒者。天明元年4月18日生まれ。片山兼山の子。朝川黙翁の養子。山本北山にまなぶ。肥前平戸藩(長崎県)藩主松浦静山らの大名にまねかれる。文化12年清(中国)の船が下田に漂着したとき,筆談した。詩をよくし,詩文集「楽我室遺稿」などがある。嘉永2年2月7日死去。69歳。江戸出身。名は鼎。字(あざな)は五鼎。別号に学古塾。著作に「大学原本釈義」など。)
【成立】 文政13年(1830)跋

和本江戸期兵法武士の事典「武用辨略」8冊揃い/木下義俊/絵入古書古文書/木版摺りです。

2+12+45、49、35、40、57、33、39、59丁。22.5cm×16cm。木版刷り。

u24a-115
u24a-116
u24a-117
u24a-118
u24a-119
u24a-120
u24a-121
u24a-122
u24a-123
u24a-124


【書名】 武用辨略
【巻冊】 8冊揃い
【著者】 木下義俊
【成立】 江戸期

和本江戸文化元年(1804)将棋「将棊絹篩」初編乾坤2冊揃い/福島順棊/古書古文書/木版摺りです。

2冊で5+3+59丁。16cm×11.5cm。木版刷り。元題簽1冊残存。見返しあり。奥付あり。

u24a-079
u24a-080
u24a-081
u24a-082
u24a-083
u24a-084
u24a-085
u24a-086
u24a-087


【書名】 将棊絹篩
【巻冊】 初編乾坤2冊揃い
【著者】 福島順棊
【成立】 文化元年(1804)

和本江戸期アヘン戦争写本「海外新話附録」上中下3冊揃い/古書古文書/手書きです。

14、12、19丁。23cm×16cm。手書き。

t24c-049
t24c-050
t24c-051
t24c-052
t24c-053
t24c-054
t24c-055
t24c-056


【書名】 海外新話附録
【巻冊】 上中下3冊揃い
【成立】 幕末期

和本江戸嘉永6年(1853)史論「読史贅議(とくしぜいぎ)」乾坤2冊揃い/斎藤竹堂/古書古文書/木版摺りです。

1+35、35丁。25.5cm×17.5cm。木版刷り。元題簽。見返しあり。

s24a-096
s24a-097
s24a-098
s24a-099
s24a-100
s24a-101
s24a-102
s24a-103
s24a-104
s24a-105


【書名】 読史贅議(とくしぜいぎ)
【巻冊】 乾坤2冊揃い
【著者】 斎藤竹堂(江戸時代後期の儒者。文化12年10月11日生まれ。仙台で大槻平泉,江戸で増島蘭園に師事。のち昌平黌にはいり舎長となる。江戸神田相生町で塾をひらいた。嘉永5年閏2月11日死去。38歳。陸奥遠田郡(宮城県)出身。名は馨。字は子徳。通称は順治。著作に「鴉片始末」「蕃史」など。)
【成立】 嘉永6年(1853)

和本江戸天保11年(1840)序和歌集「瓊浦集(けいほしゅう)」初編上下2冊揃い/中島広足/古書古文書/木版摺りです。

4+2+42、39丁。25.5cm×18cm。木版刷り。元題簽。見返しあり。

s24a-077
s24a-078
s24a-079
s24a-080
s24a-081
s24a-082
s24a-083
s24a-084
s24a-085


【書名】 瓊浦集(けいほしゅう)
【巻冊】 初編上下2冊揃い
【著者】 中島広足(江戸後期の国学者・歌人。肥後の人。号、橿園。長崎に住んだ。独学で本居宣長父子の学を継承。のち肥後藩の藩校の国学教授。著「詞玉緒補遺」「橿園集」など。)
【成立】 天保11年(1840)序

和本江戸文政2年(1819)跋国学紀行文「鈴屋大人都日記」上下2冊揃い/本居宣長/石塚竜麿/古書古文書/木版摺りです。

35、40+2丁。26.5cm×18.5cm。木版刷り。元題簽。

s24a-067
s24a-068
s24a-069
s24a-070
s24a-071
s24a-072
s24a-074
s24a-073
s24a-075


【書名】 鈴屋大人都日記
【巻冊】 上下2冊揃い
【著者】 石塚竜麿(江戸後期の国学者、国語学者。遠江(静岡県)の人。本居宣長に学び、特に万葉仮名遣いを研究。著に「仮名遣奥山路」「古言清濁考」など)
【成立】 文政2年(1819)跋

↑このページのトップヘ